未分類

犬の下痢は危険信号かも。ゼリー状・泥状や血便など、下痢のタイプ別で対処法を解説します。

犬の下痢について、考えられる病気や可能性を便のタイプ別に紹介しています。

ゼリー状や泥状、血便など、症状によって対処法を記載しているので、どんな下痢が危険でどんな時に病院に連れて行けば良いのかという指標にしてください。

また、病気以外の軽い下痢の原因についても言及しています。家で愛犬の様子を見るときにどんことをしたらいいのかも併せて解説します。

犬の下痢は危険信号かも?

愛犬の下痢を、ただの下痢と侮ってはいけません。
もしかしたら、そこに重大な病気が潜んでいるかもしれないのです。

下痢の症状によって、病院に行くかどうかをどこで判断するべきか、また病院でどのような対処をするのかを解説します。

軽い下痢であれば2~3日様子を見る

犬の下痢は、食べ物が合わない・一過性のストレスなどの場合2~3日で治ることもあります。

何日も下痢が続く、水のような下痢が出る、下痢の頻度が高い、血便が出ているなどの場合は症状が重いと考えられるので、病院へ行くようにしましょう。

便の状態が水に近ければ近いほど症状が重篤です。逆に、少しゆるいぐらいであればそのまま様子を見て問題ありません。

犬の下痢に対して病院ではどんなことをする?

まずは便の状態、排便回数、嘔吐や食欲不振の症状があるかなど、愛犬の体調不良についての細かい問診を行います。

さらに、普段食べているものをチェックしたり、ストレスの掛かる出来事があったかどうかなど、愛犬の最近の状態を確認します。

問診の結果、血液検査や糞便検査、内視鏡検査を行うことも。寄生虫や原虫がいるかどうかチェックしたり、善玉菌と悪玉菌の状況を確認を行います。

症状が軽い場合は、抗生物質や下痢止めといった内服薬での対応が基本です。

しかし、状態が悪い場合や薬を処方しても改善が見られなかった場合には、内視鏡検査や超音波検査、血液検査などを用いてさらなる診断を続けていく必要があるでしょう。

犬の下痢の症状・タイプ別対処法

犬の便の状態によって、すぐに病院に行く・様子見をすべきなど、ある程度の判断をすることが可能です。

便のタイプを3種類に分けて対処法を記し、どのようなポイントを把握しながら様子を見ればよいのかを紹介していきます。

犬の下痢の状態:赤い粘性のあるゼリー状

ゼリー状で赤く、粘り気のある便が出ている状態です。

犬が赤いゼリー状の下痢になる原因

ウイルスに感染してしまっている可能性があります。
パルボウイルスやジステンパーといった命に関わるものもあるため、危険な状態です。

犬が赤いゼリー状の下痢をしてしまった時の対処法

速やかに動物病院を受診しましょう。

犬の下痢の状態:血便(血が混じっている)

便の色が赤茶色っぽいのは、血が混じった血便です。

犬が血便になる原因

便の出口に傷がつき、そこから出血している可能性があります。
また、痔やガンといった大腸や肛門付近に病気があることも考えられるため、リスクがある状態といえるでしょう。

犬が血便をしてしまった時の対処法

速やかに動物病院を受診しましょう。

犬の下痢の状態:水便(泥状)

水のようにゆるい便を水便といい、泥のような状態になります。
さらさらとした水っぽい状態であるほど症状は重く、少し柔らかい状態であれば症状は軽いといえるでしょう。

犬が水便になる原因

ストレス由来の下痢や、ウイルスによる胃腸炎などの病気の可能性があります。
犬の胃腸は繊細で、合わない食べ物を食べたときにも水便になってしまいます。

また、体温が高くぐったりして嘔吐もあるときには熱中症の疑いもあるでしょう。

犬が水便をしてしまった時の対処法

2~3日様子を見て、状態が改善しないようであれば病院へ行きましょう。

熱中症の疑いがある場合は、急激に脱水症状が進むと命に関わることも考えられます。水分補給を忘れずに、速やかに動物病院を受診してください。

下痢以外の犬の便の状態

普段から犬の便の状態を把握しておくと、体調不良の察知に役立ちます。

健康な犬の便、コロコロの犬の便など、下痢以外の便の状態を詳しく見ていきましょう。

健康な犬の便

犬の良便は以下のようなものを指します。

・便の状態が少しだけしっとりとしている
・落とした場所に跡が付くか付かないか程度の質感
・1回の排便で2回程度にわけてスムーズに排出されている

これ以外の便は何か問題を起こしている場合があります。
愛犬の健康を判断する指標にしてください。

コロコロの犬の便

腸の中で便が滞在している時間が長いと便の水分が過剰に吸収されて、カサカサの質感でコロコロとした便になってしまいます。

乾いた固い便は腸内や肛門を傷付けることがあるため、食物繊維の摂取を意識して適正スピードで排泄ができるよう調整すると良いでしょう。

病気以外:犬の軽度な下痢の原因

犬は繊細な動物なので、病気以外のことでも下痢になってしまうことがあります。

合わない食べ物を食べた時、ペットフードの切り替えを行ったとき、生活環境の変化でストレスを感じたときなど、さまざまな理由が考えられます。

代表的な6つの犬の下痢の原因をひとつひとつ確認していきましょう。

犬の下痢の原因1:合わない食べ物

犬には、消化が苦手な食べ物があり、私たち人間が普通に食べているものでも犬にあげてはいけないものも多々あります。

特に、果物などはよく注意して与えなければいけません。

合わない食べ物の代表的なものを紹介していきます。

《犬にあげてはいけない果物》

●ブドウ

代表的なものがブドウです。下痢だけでなく腎不全を引き起こしたという報告も数多くあります。

また、干しブドウも同様の危険性が報告されているため注意が必要です。

●ドライフルーツ
ドライフルーツは砂糖に漬けて作られているため糖分が高く、さらに犬が苦手とする食物繊維も多く含まれています。結果、腸内環境が悪化し下痢をしてしまうこともあります。

また、ドライフルーツは皮を含んでいることが多く、犬が中毒を起こしてしまうリスクが高いため、食べさせるのは控えましょう。

●皮を残したかんきつ類
かんきつ類の皮には、犬にとって中毒を起こす成分が含まれています。食べさせれば嘔吐・下痢の原因になるでしょう。

●プルーン
犬が食べると、呼吸困難やショック症状といった重篤な症状を引き起こす可能性があります。
ドライタイプのプルーンの方が毒性が高まっているため、生のものと併せて注意してください。

《犬にあげてもよい果物》

リンゴ・バナナ・イチゴ・メロン・ミカン・パイナップル・オレンジ・柿・梨・ブルーベリー・サクランボ・栗・マンゴー・桃など

上記の果物を犬に与える時にも、初めてのときには少量ずつ与えるように気を付けてください。

また、皮や種、芯の部分に中毒を起こす可能性のある成分が含まれているため、しっかりと取り除くようにしましょう。

心配であれば、果物類は与えない方が良いでしょう。

犬の下痢の原因2:ドッグフードの切り替え

ドッグフードの切り替えによって、消化が苦手なものが配合されている場合に下痢を起こしてしまうことがあります。その際には、ドッグフード自体を見直す必要性があるでしょう。

特に、犬は穀物を消化する酵素を体内に持っていません。
安価で穀物が多く含まれたドッグフードを食べると下痢になりやすく、他の体調不良も併発しやすい状態になってしまいます。

また、ペットフードに含まれる材料以外にも切り替えの仕方に問題がある場合があります。
ペットフードの切り替えは急激には行わず、前の物に新しいペットフードをまぜながら、10日間以上掛けてゆっくりと行う必要があるでしょう。

食事の変化は犬にとって大きなストレスであり、課題のひとつだといえます。

犬の下痢の原因3:ストレス

引っ越ししたり、家族が増えたり、旅行でペットホテルに宿泊したりなど、環境の変化が愛犬に多大なストレスを与えることがあります。

犬は繊細な動物なので、些細なことでも大きなストレスになりがちです。生活の変化は生きていくうえで避けられないことですが、そのようなときにはよく注意して愛犬の様子を見てあげてください。

犬の下痢の原因4:胃腸の発達が不十分(子犬だから)

胃腸の発達が不十分な子犬は下痢をしやすい傾向にあります。仕方ないことでもあるので、こまめに様子を見ながら成長を見守り、改善していくのを待ちましょう。

成長しても改善しない場合や下痢の頻度が高いときには、その他の原因が潜んでいるかもしれません。

犬の下痢の原因5:加齢で胃腸が弱っているから

シニア犬は胃腸が虚弱になっていて、消化吸収不良とストレス性の下痢をしやすくなる傾向にあります。

また、子犬や成犬と比べて脱水症状を起こしやすく、そのまま寝たきりになってしまうリスクもあるため気をつけなければなりません。

胃腸が弱ったシニア犬は消化吸収に配慮したドッグフードに変更する必要があります。

しかし、ドッグフードの切り替えの際にはストレスが掛かるため、特に慎重に行い注意しながら行いましょう。

犬の下痢の原因6:病気

食物アレルギーや感染性腸疾患、腫瘍などさまざまな病気によって下痢をすることがあります。

細菌やウイルス、寄生虫などが原因になることもあり、症状が重篤化しやすいのが問題です。

早めに病院を受診する必要があります。

家で行う犬の下痢の対処法

病院に行くほどではないので家で応急処置をしてあげたい、そんな時に下痢に対してどんな対処をしてあげたらいいのかを紹介していきます。

間違った対処法でさらに体調を悪化させてしまわないこと、脱水症状にならないように水分補給をこまめに行うことが大切です。

様子見のときには脱水症状に注意

下痢によって水分がどんどん体外に排出されてしまいます。

脱水症状にならないよう、犬用のポカリスエットやアクエリアスを活用して水分補給をしてあげましょう。

下痢の時に愛犬にすりリンゴを与える人がいますが、食物繊維が苦手な犬もいます。体調が悪いときに普段と違うものを与えるのは避け、果物を与えたい場合は医師に相談してから判断してください。

医師の判断なく錠剤を飲ませるのはNG

人間用のビオフェルミンやエビオスといった錠剤を飲ませるときには、必ず医師の診断をあおいでからにしましょう。

人間用の錠剤は、犬のために作られていないため、必ずしも体に合うとは限りません。

薬が必要だと感じたら動物病院に行って処方してもらう方がよいでしょう。

下痢が長引いてしまったら速やかに病院へ

下痢以外の症状がなく元気で体調がよいとしても、下痢をしている以上健康な状態ではないということを心に留めておきましょう。

個人での判断は避け、下痢が続いてしまうようであれば速やかに動物病院を受診してください。

まとめ:犬の下痢のタイプで見極め長引くなら病院へ

ここまで、犬の下痢のタイプ別の対処法を詳しく解説してきました。

愛犬が下痢になってしまったときの対処法をまとめると、

・軽い下痢であれば様子を見る
・症状が改善しなければ病院へ
・赤いゼリー状の便、血便が出た時にも病院へ
・下痢で様子を見るときには脱水症状に注意
・合わない食べ物を食べさせていないか確認
・医師の判断なく人間用の錠剤を飲ませるのはNG

犬の便は健康の指標になるものなので日々確認を行い、愛犬の体調チェックすることが病気の早期発見につながります。

たとえ元気であっても軽い症状の下痢が続いているとき、長引くようであれば異常があると判断できます。そんなときには自己判断せず、病院へ行くことが大切です。